#

新卒社員インタビュー

新卒社員インタビューINTERVIEW

  • 和田 健治
  • 北条 拓也
  • 高橋 将人
和田 健治

和田 健治
Kenji Wada

日本電子専門学校 電気工学科卒業
2011年度入社(新卒採用)技術部所属

社会人として不安がいっぱいですが、卒業生の先輩方が多くいるのであれば自分の色を存分に発揮出来ると思いました。仕事内容も多種多様となっており、未だに解らない事だらけですが、日々奮闘しています。こうして苦労の末、完成された建物は自分たちが納めた自動制御で建物が動き始めると考えると、とても誇らしいです。やることは多いですが、日々新しいことに挑戦することができ、遣り甲斐があります。

社内業務

社内業務

現場を施工するために欠かせない物が沢山あり、それら大半を実際に施工が始まる前に事前準備する必要が有ります。例えば施工図では、ただ書くのではなく、各現場に合った職人さんが見やすい図面を心掛けています。初めは、書き方もわからず大変な時期もありましたが、先輩方のアドバイスを頂き、時間が経つにつれて成長出来ていることを実感しています。計装動作フロー図では、建物に合った実際に利用する人が、使いやすい自動制御設備を心掛けています。その他に工程表・安全管理書類・品質管理書類等々、準備しなくてはならないことが沢山有ります。施工を円滑に進めるため、この準備期間が非常に重要となるので、先輩・上司の力を借りながら頑張っています。

現場業務

現場では、施工管理が主となり、他業者との取合い・打合せを行い仕事を効率良く行えるような環境を作る努力をしています。職人さんとのコミニケーションも非常に大事な仕事の一つで図面をもとに、間違えのない高い品質の工事を目指しています。現場が出来上がっていくのを身近で実感でき、完成した後、今までに体験したことのない達成感を感じられます。また、一つの建物を完成させるまでに、(設計者さん・ゼネコンさん・設備会社さん・電気業者さん・他業者の職人さん)など多くの人たちと出会い多くの人たちに助けられ、人間関係の大切さを実感しています。

現場業務

着工検討会および社内会議

着工検討会および社内会議

まとまったボリュームJOBを担当すると施工についての着工前検討会を行います。エンジ担当者、調整担当者を決めて効率良くこなせる様な環境を作ります。先輩方の経験を生かして設計図・計装図をもとに施工を検討します。経験豊富な先輩方のアドバイスを聞くことによって自分のスキルアップにも繋がります。高品質を限られたコスト内で工事を完成させるべく様々な意見が飛び交います。グループ会議では、各担当者が現場の進捗状況の報告を行い今後どのように業務を進めるか、所属部員一丸となって検討します。先輩方が優しくフォローしてくれるので意見交換もしやすい環境です。

北条 拓也

北条 拓也
Takuya Hojyo

東京都立足立工業高等学校
総合技術科電気系卒業
2013年度入社(新卒採用)工事部所属

当初現場は、恐いというイメージがあり、工事部の人も怖そうでとても心配でしたが先輩方が、優しく受け入れてくれて『ここでなら自分は輝ける』と思いました。実際に自分の手で物を造るのが好きだったため、今ではある程度任されるようになり責任感を持って作業にあたっています。これからも早く一人前になり、頼りになる職人を目指し日々精神していきます。

現場打ち合わせ

現場打ち合わせ

技術部の現場管理担当者と、主に図面をもとに、どのように作業を進めるかの施工計画を立てます。図面と言っても、平面図・立面図・幹線系統図・配線系統図など様々の種類の図面があり、その建物ごとに図面は存在するので、頭に入れるのも一苦労です。しかし、施工の内容・図面を理解し頭に入れることで効率の良い、品質の高い工事が完成出来るため、まず図面を良く見ることを意識しています。現場管理の担当者も同じ会社の技術部なので、良い建物を完成させるため互いに協力し合って進めています。

現場作業1

図面と現場を照らし合わせ、現場の状況を現場管理者と密に行い電線管配管・配線作業を行っていきます。配管・配線を行うにも、色々な規定があり、それを理解しながら品質の高い工事を効率よく完成させることを目指しています。それと、外観も重視し古川計装の仕事は綺麗だと褒められるような仕事を心掛けています。

現場作業1

現場作業2

現場作業2

自動制御盤に取込まれたケーブル類を結線していく作業です。結線表をもとに、何十、何百と言った電線を正しく接続していきます。自動制御盤も、年々複雑化しており結線作業も容易では有りません。しかし、ここで間違えのない正しい盤結線が行えるかが、その後に控えている調整部による試運転作業の効率を大きく左右します。同じ会社の仲間の負担を少しでも軽くするよう確実な作業を目指します。

高橋 将人

高橋 将人
Masato Takahashi

日本電子専門学校 電気工学部卒業
2011年度入社(新卒採用)システムサービス部所属

同じ学校の先輩が多く所属している為、計装という分野の事は全くと言って分からなかったのですが、卒業生の先輩達が多数いて活躍しているのであれば、自分にも活躍できる場が有ると思い入社を決めました。最適環境を構築するため、様々な制御を取り入れる必要があり日々勉強中です。

社内業務

社内業務

現場に行って、システムを起ち上げ自動制御を活かすには、調整部として事前にエンジニアリングを行う必要が有ります。代表的な作業は、ビル監視室に設置される中央監視装置の画面を作成します。この画面は、建物が稼働し利用されるとビル管理会社の方が毎日のようにこの画面を見て、操作・監視を行いビルを運用していきますので非常に重要な仕事となります。なので、利用する人が使いやす画面を心掛け、操作しやすい配置、見やすい着色時には、見栄えが良いデザイン性を追求し、この先長い間使用される中央監視画面を作成しています。

現場業務

施工後の配線結線確認、自動制御機器を活かし、中央監視システムを起ち上げ各種設定・調整を行い建物設備を動かします。
簡単に動かすと言っても、様々な設備をその建物に合った形で設定・調整することで初めて最適空間の構築が出来るのです。
何か一つでも欠けたら、良い動作はしてくれず、確実な設定・調整がその後のビル運用管理にも大きく影響を与えるため、確実な作業を心掛けています。機械がうまく動きビルが稼働した時の達成感はプライスレスです!

現場業務

社内会議および若手勉強会

社内会議および若手勉強会

社内にて勉強会や今後の業務についての会議を行います。若手勉強会では先輩達から、技術的な面を学ぶいい機会です。また各部署の若手が参加しているので交流のいい機会となり、アットホームな雰囲気で溶け込めやすい環境となっています。グループ会議では部長が中心となり今後の業務をどう進めるか工程に問題無いか等、所属部署一丸となって検討します。自分がステップアップ出来るような配置・困っている事の解決へと先輩達から意見や改善を考慮してもらえる場となっています。