RECRUIT

若手社員インタビュー

北江 創司
大神田 顕
石井 将弘
古沢 直樹
北條 拓也

北江 創司 2018年度入社(中途採用)
技術部所属

北江 創司

Self-Introduction

私は建築の仕上げに興味を持ち、塗装職人を目指し大学を中退して、塗装業界で働いていました。
結婚を機に、転職し会社員になることを決め、父と同じ計装の仕事に就きたいと思い入社しました。
まだまだ分からないことが多いですが、先輩方にたくさん助けていただきながら充実した毎日を過ごしています。日々勉強なので学ぶ喜びを感じ楽しく仕事に取り組んでます。
周りの先輩方や同期に恵まれ、仕事で分からないところはしっかり教えてもらえるし、みんな優しくて面白い方々なので、休憩時間や飲み会等は笑いが絶えずとても楽しいです。
ゴルフコンペ等の恒例行事も楽しみの一つとなってモチベーションも上がります。

社内業務

北江 創司

現場での作業を始めるにあたり、社内での事前計画・検討業務もたくさんあります。
まだ私は事前の計画業務に携わっていませんが、会社では先輩方が各関係者と打合せを行い、施工図や要領書等の工事に係る図面作成、安全・品質等の管理書類の作成し事前準備を行っています。
現場で実際に作業していただく協力会社さん、職人さんの手配もとても大切で、ここにおいても人間関係が大切になってくるのだと思います。
私も一から現場の事前計画・準備に携われるよう技術を身につけ、早く一人前のエンジニアになりたいと思っています。

現場業務(現場打ち合わせ)

北江 創司

現場では、工程や施工方法、制御内容等、様々な打ち合わせを行います。
分からないことがあるときは、先輩方に連絡し相談して問題を解決しています。
いつでも優しく、たまには厳しいときもありますが・・・
しっかりサポートして貰えるので安心です。

施工写真の撮影や施工記録の書類作成、資材や機器の手配等の業務もあります。職人さんとのコミュニケーションもとても大事な仕事で、現場の周知事項の伝達や施工要領の説明、そして円滑に安全に作業ができるよう段取りを行います。円滑に作業を進めるためには、他職の管理者さんや職人さんとの打ち合わせも大切で、いろいろな方と接し、助け合い、本当に人間関係が大切なのだなと感じました。
そのほかにも様々な業務がありますが、まだ私にできる業務が限られているのでこれからもっと多くの仕事を覚え、できる業務の幅を広げて先輩方のように一人で現場を受持つことが出来るようになりたいと思っています。

着工検討及び社内会議

現場を 担当すると工事が始まる前に施工方法・制御内容についての着工前検討会を行います。
各業務担当(エンジ・調整)を決めて効率良くこなせる様な環境を作ります。
品質を保ちつつコスト内で工事を完成させるべく様々な意見が飛び交い経験豊富な先輩方のアドバイスを聞くことによって自分のスキルアップにも繋がります。

グループ会議では、各担当者が現場の進捗状況の報告を行い今後どのように業務を進めるか、所属部員一丸となって検討します。話しやすい先輩方ばかりなので、意見交換や相談がしやすい環境です。
全体会議では社員全員が集まり、社長からの連絡事項と災害事例やトラブルクレームの事例を元に社員全員で原因と対策を考え話し合い発表します。経験ある先輩方の各部署それぞれの視点でいろいろな意見を聞くことができ、同じ災害やトラブルを起こさないようにと考えることができるので安全・品質に対する意識向上になります。

大神田 顕 2018年度入社(中途採用)
技術部所属

大神田 顕

Self-Introduction

私は中途採用で古川計装に入社しました。
文芸学部の出身のため建築関係のことは全く知識がなく「計装」という言葉も初めて知りました。
ですが社内見学や先輩社員との面談で、社員が仲良く仕事をしている環境、地球環境に貢献できる技術に魅力を感じ、この会社で頑張ってみようと決意しました。
建設業界ですので、仕事がとても大変そうと感じていましたが、建物が動き始めると考えると、とても誇らしいです。
更に上を目指して、スキルアップをしていきたいです。

社内業務

大神田 顕

お客様や現場で関わる業者の方と打ち合わせを行い、それに合わせて図面等を作成します。
その際に機器の仕様やケーブルの種類などを調べ作成します。
分からないことが多く、苦戦しながらも先輩や上司に教えてもらい自分が施工する側に立ったつもりで判りやすい図面を提出できるように心掛けていきます。
その他に工程表・安全管理書類・品質管理書類などを作ります。
現場に乗り込んだ時に現場が円滑に進むためにはこの事前準備が大変重要になってきます。
なのでこの事前準備の時に何度も確認し、分からないことがないようにすることが重要です。

現場業務(現場打ち合わせ)

大神田 顕

業務の内容は幅広く、まだまだ制御システム機器の選定などは出来る所まで至っていません。
今はいかに工程がスムーズに進むか危険な箇所はないか無理な作業はないかを考え円滑な施工ができる様に心掛けています。
また、お客様や、他業者の方など多くの人と関わるためコミュニケーション能力も必要となります。
少しでも早くビルオートメーションの本質となる部分の打ち合わせが出来るようになり、一人前の技術者となりたいと思って日々勉強してます。

研修及び勉強会

入社してすぐにあった研修はビルオートメーションの基礎を教えてくれます。
弊社に入るまで計装という言葉の意味を知らなかった私は、ここで初めて計装の意味などを教えてもらいました。
分かりやすく丁寧に教えて頂けるので、どこの現場でもとてもスムーズに業務に入り込めました。

勉強会は月に一度先輩社員がビルオートメーションシステムについて説明、解説をしてくれます。
その時に使う資料が現在着工中の現場や竣工済みの現場のものが多いので、実際に現場で起きて大変だったことなどこれから現場で起こりそうなことを、実体験に基づいてアドバイスして下さるのですぐに現場で必要となる知識だと実感しています。

石井 将弘 2013年度入社(新卒採用)
システムエンジ部所属

石井 将弘

Self-Introduction

電気関係の学校だったので、ビルオートメーションという分野の事はほとんどわかっていなかったのですが、若手社員が多くいて活躍しているのであれば自分も活躍できる場があると思い入社を決めました。
システムエンジ部に移動して4年、最近では大型現場の担当も任されるようになりました。
現場調整担当は、責任も大きくプレッシャーも大きいですが、とてもやりがいがあり日々充実しています。

社内業務

石井 将弘

現場業務の前に行う、社内でのパソコン等を使用したエンジニアリングも重要です。
社内業務としては、主に建物の監視室に設置される中央監視装置の表示画面や各種機器の監視・制御を行うためのデータの作成を行います。
中央監視装置は、建物を管理・運用する方々が日々監視や操作を行うので、誰もが見やすく、監視運用しやすい表示画面の作りこみを求められます。
また、社内で作成したデータをもとに機器を運転するための制御盤やソフトウェアを製作します。その為、社内でのエンジニアリング時に現場の監視内容や制御についてよく検討しておくことで、現場業務もスムーズに進める事ができるようになります。

エンジニアリングを進めていくうちに、不明点や改善点なども見えてくるので社内の他部署や他業者とも打ち合わせをしつつ作業します。

現場業務(現場打ち合わせ)

石井 将弘

現場業務は、工事部や協力業者の方が配線・結線を完了してからが本番となります。
工事施工後の配線結線確認、自動制御機器の動作確認、中央監視システムの立ち上げをし、各種設定・調整・試運転を行います。現場の機器にも様々なものがあり、それぞれの機器の仕様や動作について確認しながらの作業になります。

現場は期日までに終わらせる必要が有り、時間の余裕がない事もあります。
その為、現場の担当者と打ち合わせをし、優先順位を考えながら作業します。

建物によっては、エンジニアリング作業も含めて数年にわたって携わり現場は大変な事も多いですが、建物が完成し設備がうまく動作したときの達成感は他では得られないものがあります。

着工検討及び社内会議

社内においてグループ会議や若手勉強会を行っています。
グループ会議では部長が中心となり、今後の業務をどの様に進めていくか、現在施工中の現場の進捗・工程に問題が無いか検討しています。
また、現場作業や仕事を進めていく上でわからない事について各々意見を出したり、先輩方からアドバイスを受ける場でもあります。

勉強会では、若手が中心となり持ち回りで担当を決め、自動制御の基礎や現場作業の進め方等様々なことについて勉強し若手全体のスキルアップを目指しています。

古沢 直樹 2015年度入社(新卒採用)
システムサービス部所属

古沢 直樹

Self-Introduction

専門学校時代に先生に紹介されて、計装の知識はほとんどありませんでしたが、同じ専門学校の先輩たちが多く所属していて、自分も活躍できればと思い入社しました。
まだまだ分からない事が多く先輩達から学ぶことが沢山ありますがもっと会社に貢献できるよう日々修行中です。

社内業務

古沢 直樹

社内では主に、メンテナンス現場の報告書や見積もりを作成しています。
新しいメンテナンス現場は工事担当者から貰った資料をもとに、チェックすべき項目や図面を作成して、現場に行った時にスムーズに作業できるような報告書を作成します。
また、現場での点検結果を報告書にまとめ、不具合箇所の見積りを作成します。
お客様に提出する報告書なので、自分たちだけでなく誰が見ても分りやすい報告書を作るように心がけています。

現場業務

古沢 直樹

現場では既存の設備のメンテナンスや、自動制御機器の交換を行っています。
メンテナンスは現在使われている設備が正常に動作・機能していているかを様々な方法で確認します。
簡単な例をあげると、空調機に使われている温度センサーが正常に計測されているかを確認するために計測器を用意して、同時に温度を計測します。これで計測の誤差がないかを確認します。
単純な事ですが、この温度センサーが壊れていると空調機が最適な制御を行えなくなるのでとても重要です。
機器が壊れていたり、経年劣化などで調子が悪い場合は機器の交換をしなければなりません。
交換といってもただ取り外して付け替えればいいという訳ではありません。
建物は通常に使用されているので、機器を交換する際にお客様に影響が出ないようにしなければなりません。どうすればお客様に影響を出さずに機器を交換するかを考えるのも僕達の仕事です。
無事に仕事を終えた時は、嬉しさと達成感があります。

社内会議および若手勉強会

社内では定期的に勉強会や、会議を行っています。
若手勉強会は社内の若手たちが集まって技術や知識を教えあったり、現場でしている事や 注意事項などの意見を交換し合って交流を深めています。
毎月、社内全員で安全会議を行います。その会議の中でトラブル・クレーム防止協議会というのがあって、最近起きた事故や過去にあったトラブルなどを議題にして社員全員で協議します。
事故やトラブルは意識していても防ぐのが難しいものです。でも社員全員がこの協議会で学んだ事を現場でも意識出来たら、事故やトラブルをゼロにすることが出来るかもしれません。
社員全員一丸となってトラブル・クレームゼロを目指して頑張っています。

北條 拓也 2013年度入社(新卒採用)
工事技術部所属

北條 拓也

Self-Introduction

当初現場は、恐いというイメージがあり、工事部の人も怖そうでとても心配でしたが先輩方が、優しく受け入れてくれて『ここでなら自分は輝ける』と思いました。
実際に自分の手で物を造るのが好きだったため、今ではある程度任されるようになり責任感を持って作業にあたっています。
これからも早く一人前になり、頼りになる職人を目指し日々精神していきます。

現場打ち合わせ

北條 拓也

技術部の現場管理担当者と、主に図面をもとに、どのように作業を進めるかの施工計画を立てます。
図面と言っても、平面図・立面図・幹線系統図・配線系統図など様々の種類の図面があり、その建物ごとに図面は存在するので、頭に入れるのも一苦労です。しかし、施工の内容・図面を理解し頭に入れることで効率の良い、品質の高い工事が完成出来るため、まず図面を良く見ることを意識しています。
現場管理の担当者も同じ会社の技術部なので、良い建物を完成させるため互いに協力し合って進めています。

現場作業①

北條 拓也

図面と現場を照らし合わせ、現場の状況を現場管理者と密に行い電線管配管・配線作業を行っていきます。
配管・配線を行うにも、色々な規定があり、それを理解しながら品質の高い工事を効率よく完成させることを目指しています。
それと、外観も重視し古川計装の仕事は綺麗だと褒められるような仕事を心掛けています。

現場作業②

北條 拓也

自動制御盤に取込まれたケーブル類を結線していく作業です。
結線表をもとに、何十、何百と言った電線を正しく接続していきます。
自動制御盤も、年々複雑化しており結線作業も容易では有りません。
しかし、ここで間違えのない正しい盤結線が行えるかが、その後に控えている調整部による試運転作業の効率を大きく左右します。
同じ会社の仲間の負担を少しでも軽くするよう確実な作業を目指します。